2009年07月15日

最前線への援護射撃

 議員会館は閑古鳥が鳴いている。選挙日程見えてきたので各議員は昨日のうちにすべて地元へ帰り、いよいよ選挙運動が本格化している。こんな日に党本部広報本部広報局役員会が開かれた。新役員の紹介と衆院選に向けての取り組みについての意見交換が行われた。衆議院議員は本部長の古屋先生と私だけ。もっとも衆院選を控えた古屋先生も本日で本部長を愛知二郎参議院議員にバトンタッチした。大変厳しい戦いになることは目に見えており、広報の果たす役割は重要なものとなる。出来る限り大勢の意見を聴取し、最前線で戦う候補者の援護射撃となるような広報活動を展開しなければならない。

 新旧本部長。左が古屋先生と右が愛知先生。 神奈川の小泉先生と
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。