2009年06月02日

55日間の会期延長

 明日で会期末を迎えるため、今国会の会期延長を決める本会議が開かれた。7月28日まで55日間の延長が決まった。民主党などの野党は「解散」「解散」と叫ぶだけで、残されている重要法案の審議は無視して反対した。民主党は政治資金改正などの法案を昨日提出した。会期を延長しないで自分たちが提出した法案をどう審議するつもりなのか。全く無責任な政党だ。
 延長が決まったからには、補正予算の関連法案、海賊対処法案、国民年金改正案など重要法案を確実に成立させなければならない。また、次期選挙に向けて、財源について、安全保障問題を含め野党との違いを国民に正しく判断してもらうためにも徹底的に議論することが必要である。時の流れとともに社会構造が変わり、人口構成も変わるのは当然である。ならば、税システムや行政システムも旧来とは全く違うシステムに代えるくらいの大胆なことをしなければならない。税金の財布をA省からB省に移したからよいというものではない。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。