2009年05月26日

人の死と臓器移植

 今国会で臓器移植法案が提出され審議されることになりそうだ。A案からD案の4つの法案が提出される。東邦医大の教授がA案の説明に来た。なぜA案なのか熱く語られたが、正直迷っている。移植を待つ患者や家族の気持ち、臓器移植の意思表明をしている患者の気持ち、臓器提供意思表明をしている人の遺族の複雑な気持ち、医療現場の状況などを思うと、簡単に一つを選ぶことは難しい。しかし、最終的には考えをまとめなければならない。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。