2009年05月09日

最小限に食い止める努力

 新型インフルエンザの感染者が世界で広がっている。日本人の発症も確認されたが、空港等での水際対策が功を奏し、他国のような広がりは見せていない。政府の対応に国民も評価している。しかし、濃厚接触者ということで、数日間の隔離生活を余儀なくされている方々は大変不自由で心細いことだと思うが、現段階ででき得る万全の対策が重要である。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。