2009年04月01日

議員定数削減

 党改革実行本部の議員定数・選挙制度に関する委員会が開かれた。定数の削減については、二院制のあり方、削減することにより党スタッフや秘書の拡充、地方分権や道州制といった国と地方の位置づけなども関係するはずである。この問題は単独で議論することではなく、選挙制度改革とセットで行うことが必要ではないか。現在の選挙制度が導入された経緯、導入後の問題点などの検証も当然必要となる。私の個人的意見だが、小選挙区制度は日本になじまず、やはり定数削減をして中選挙区に戻すのがベストと考える。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。