2009年04月29日

25年ぶり。何だか緊張する…

 いよいよ大型連休が始まる。最大で12連休という企業もあると聞く。私は毎年GWはどこにも出かけず、完全休養を取っている。腰痛の治療に専念し、万全な体調にしたいと思っている。姪が2ヶ月前に男児『賢太郎君』を出産し、現在の住まいがある福岡から都筑区の実家に里帰りしている。夜、お祝いの食事会を開き、主役が登場した。25年ぶりに赤ん坊を抱いたが、とにかくかわいいの一言。私の娘も適齢期といわれる年齢になったが、未だ結婚の様子はない。孫を抱けるのはいつになることやら…。

 赤ん坊は無条件で可愛い。日本の将来はこの子たちのためにも輝くものでなければ。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

足音がはっきりと聞こえてきた

 本会議終了後、県連会長で党の選挙対策副委員長として来るべき衆院選のキーマンである菅義偉議員と県内一期生7名との懇談会を開いた。一期生にはあまり情報が入らず、菅会長に要請して定期的に行っているが会で、今回で3回目となる。話題の中心はもちろん解散時期。会長の話では、解散は責任政党としての役目−景気対策の二次補正予算を仕上げてからのであり、それを投げ出して選挙をやることはないだろうとのことだったが、政治に何が起こるかわからない。
 横浜市は今年で1859年の開国・開港150周年を迎え、記念イベントである『開国博Y150』が今日開幕した。GWにあわせた開幕で、関係者の期待は大きいようだ。
 新型インフルエンザが世界的広がりを見せる中での大型連休となった。政府も国内での感染拡大を防ぐため、水際対策を含め早急に対応しているが、どんな広がりを見せるのか予測もつかず大変心配である。今後の状況によっては選挙どころではなく、正確な情報の発信と、冷静な対応が必要だ。


 各事務所とも昨年9月から臨戦態勢で来ている。やり残したことはないか、今一度点検せねばならぬ時期である。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

いつまでも仲良し夫婦で

 東京・渋谷の中華料理屋で、今月初めに結婚した同級生の陽田君のお祝いの会も兼ねたクラス会が開かれた。「出会いは?」「何故60才まで一人でいたの?」「奥さんは陽田のどこに惚れたの?」などいじわるな質問が飛び交い、幸せな二人を酒の肴に楽しく時間を過ごした。昼の会だったが、2次会、3次会と若い渋谷の街を還暦を迎えたおじさん軍団が大きな顔で闊歩した。陽田君お幸せに!

 陽田夫妻を囲んで。こちらまで幸せのおすそ分けをもらい優しい気分に…
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

世襲問題に一言ッ!

 今、自民党も野党も親族が選挙区を受け継ぐ『世襲』立候補問題が次期衆院選挙のマニフェストに盛り込もうとの動きがある。両党とも人気取りのパフォーマンスとしか思えない。政治は有権者の身近なものになり、候補者の質をしっかりと見極めて投票する時代になってきている。世襲立候補を規制するのならば、秘書が自らの地盤内から立候補、後継指名を受けて立候補、自らの後援会から立候補というのはどうなのか?各都道府県連では公募方式が定着しつつあり、オープンな形での候補者選考が行われている。選挙のマニフェストに載せること自体疑問である。そして、世襲は国会議員はダメで地方議員なら良いという道理は成り立たない。もしマニフェストに載せるのであれば、この点まではっきりさせなくてはならないだろう。それより、この問題を議論する前に新人が立候補しにくくなっている現在の選挙制度に問題があるのではないか。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

国民の老後を預かる新機構

 9時40分国対。日本年金機構法の一部を改正する法律案の説明があった。社会保険庁が解体され、日本年金機構に組織替えされる。年金記録改ざん等に関わり懲戒処分歴のある職員は採用しないことが盛り込まれている。また、役所の給与をもらいながら組合活動に従事するいわゆる『ヤミ専従』に関わった職員も同様である。早期成立に向け連休明けから審議入りするが、自治労から支援を受けている民主党も法案に反対はできないだろう。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

選挙前の最後のチャンス!

 重要と称される法案が今月中に衆議院を通過できる見通しとなった。いよいよ第二次補正予算が提出され、ゴールデンウィークをはさみ審議が始まる。マスコミは解散総選挙の時期について5月だ6月だと連日伝えている。いづれにせよ、今年9月までには間違いなく選挙が実施される。選挙区候補予定者はこのゴールデンウィークが地元まわりの最終チャンスかもしれない。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

お二人で歩まれた50年の道

 天皇皇后両陛下がご結婚50周年を迎えられた。50年前の結婚パレードがついこの間のように思い出される。阪神大震災や中越地震など大災害のたびに被災地を訪問され、人々とひざをつきあわせ励まされる姿に感動した。両陛下の国民を思ういつもかわらぬ優しい思いやりの心が伝わってくる。皇室のますますのご繁栄を祈念したい。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

工事は着々と進む

 議員会館の窓から現在建設中の新議員会館の工事の様子が見える。今の会館には耐震構造上の問題があり、建替えが決定したのだが、完成までにはあと1〜2年かかる予定だ。新議員会館は9階建て(現在は7階建)になり、部屋の広さも今の2.5倍ほどになるという。議会活動の拠点としては申し分ないであろう。次期選挙で当選を果たせば新議員会館に入ることになる。

 ようやく壁の色や雰囲気が見えてきた建設中の新参議院議員会館
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

鍵田忠兵衛議員が奈良市長選へ

 83会同期の鍵田忠兵衛先生が7月の奈良市長選挙に出馬することになり、勇姿による励ます会を市ヶ谷の中華料理店で開いた。衆院選と市長選とそれぞれの戦う舞台はかわってしまったが、互いの健闘を誓い、大盛り上がりの会となった。鍵田先生のあいさつからは地元・奈良を愛していることがひしひしと伝わり、仲間からのエールには涙を見せる場面もあった。武道の達人でもあり、50代の働き盛り、必ず当選するものと信じている。

 選挙の大変さを知っているからこそ、仲間を思いやれる
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

国会見学ー天気も味方

 自民党横浜市港北区大綱分会の皆さんが国会見学に来られた。バス2台で総勢90名と人数が多かったので、一般参観での国会見学となってしまった。もっとご案内したいところもあったのだが残念。党本部で昼食をとり、浅草をまわって帰られたということであった。党本部を出発される頃は雨が心配であったが、そこは日頃の行いがものを言い、傘なしで浅草散策が楽しめたそうだ。お疲れさまでした。

 複数の見学団体があり、ホールにて順番待ち
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

国としての毅然とした態度

 北朝鮮のミサイルが発射されてから一週間が経った。安全保障理事会では日本の主張が充分通らず、英語表現(言葉)はかなり強いものとなったが、議長声明ということで調整された。ミサイル発射により核の脅威にさらされるのは日本である。発射前日の誤報騒動、迎撃ミサイル能力など日本の防衛は本当に大丈夫なのか心配になる。自らの国は自らが守るというのは本来の姿であり、毎年削減され続けている防衛予算はこれを機に見直すべきではないか。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

景気対策に国会内も加速中

 更なる追加経済対策のための補正予算が組まれる。提出は今月末になるだろう。今は残り法案処理のため、連日委員会が開かれている。
 今日は所属している文部科学委員会とわが県の同期議員の差し替えで厚生労働委員会と環境委員会に出席。合間に党本部で党改革実行本部の定数・選挙制度に関する部会があった。選挙制度に関する論議は昨年来、多岐にわたって行われているが、わが党内で了承されても他党との調整に時間がかかっており議員立法できずに足踏み状態である。衆院選に間に合うだろうか。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

緊張顔の入学式

 小選挙区から立候補予定の議員事務所の朝ミーティングに参加した。最近、党幹部が5月或いは6月に選挙だとの発言が相次いでいるが、にわかに信じがたい。常識的に敵に戦いとなるその日をあえて知らせるとは考えにくい。しかし、どんなに遅くても、任期満了となる9月10日以降40日以内には必ず選挙が行われるので、準備は万全にしておかなければならない。遅れ気味の作業を早急に行うための具体的な打合せとなった。
 週が明けてからは暖かい日が続き、いつ咲こうかと迷っていた桜が一気に咲きそろった。親に手を引かれ、入学式に向かう新小学生と随分すれ違った。お父さんはデジタルカメラやビデオを手に、わが子の晴れ姿を撮影するのに一生懸命。私も数十年前に母親に手を引かれ、少し大きめの洋服を着て入学式に行ったことを思い出した。

 50数年前の私の入学式。すごく大人になった気がしたことを覚えている。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

議員定数削減

 党改革実行本部の議員定数・選挙制度に関する委員会が開かれた。定数の削減については、二院制のあり方、削減することにより党スタッフや秘書の拡充、地方分権や道州制といった国と地方の位置づけなども関係するはずである。この問題は単独で議論することではなく、選挙制度改革とセットで行うことが必要ではないか。現在の選挙制度が導入された経緯、導入後の問題点などの検証も当然必要となる。私の個人的意見だが、小選挙区制度は日本になじまず、やはり定数削減をして中選挙区に戻すのがベストと考える。
posted by ukisihima at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。